かわいい犬の画像

犬や猫のアレルギーと花粉症

アレルギーはなにも人間だけではありません。実は近年、犬や猫などのペットの花粉症が急増しています。当サイトではペットの花粉症の原因と対策について詳しくご紹介いたします。かわいいペットのためにも是非ご覧ください。

急増するペットの花粉症アレルギーの原因

人はスギやヒノキの花粉にアレルギーを訴え、季節によってクシャミや鼻づまりが収まらずに、辛い思いをすることも少なくありません。花粉症は体内に異物が入り込むと、免疫細胞が有害なものと判断して、異物を排除しようとすることから、クシャミや痒みを訴える過敏症状を起こします。本来は細菌やウイルスに対して起こる有益な反応ですが、花粉のように無害であっても、過剰に反応することをアレルギーと呼びます。これは人間特有の症状だと思われがちですが、犬や猫といったペットにも免疫細胞は存在し、生物学からの違いで症状に差異はありますが、同様に異物に対して過敏症状を訴えます。犬にはクシャミや鼻づまりなどは稀で、口や目の回り、耳の痒みといった皮膚症状が顕著にあらわれ、猫では人に似たクシャミや目の痒みがあらわれます。原因とされる花粉症のアレルゲンは、スギ、ヒノキ、イネ、ブタクサなどで、特に多いのが、最初に発見された犬のアレルゲンのブタクサと言われています。次いでスギ、ヒノキ、イネとされており、花粉が飛ぶ季節がそれぞれ異なることから、最悪なケースでは、人だけでなくペットでも1年中花粉症に苦しむことがあります。ペットの花粉症は医学的には昔から知られていたことですが、話題に上がったのはごく最近のことです。アレルギーが人間のみの症状であると思われていたことと、症状が分かりづらく訴えることもできないペットであることから、いままで見過ごされてきました。放っておくと痒みに堪えられなくなったペットが、皮膚を掻きむしるなど、重症に陥ることもあるので、少しでも異変を感じたら獣医に相談するようにしましょう。また、花粉症だけでなく、食物アレルギーなども十分に起こる可能性があるので、大切なペットを守るためにも、しっかりと観察することが大切です。

★花粉症アレルギーに効果のある薬
花粉症の薬【処方薬の通販】アレグラ、ザイザル、クラリチン