かわいい猫の画像

アレルギーはなにも人間だけではありません。実は近年、犬や猫などのペットの花粉症が急増しています。当サイトではペットの花粉症の原因と対策について詳しくご紹介いたします。かわいいペットのためにも是非ご覧ください。

アレルギーで怖い結膜炎と皮膚炎について

感染症の恐怖が過ぎ去り、現代日本社会は非常に衛生的な空間を作り出すことに成功しました。しかし、その一方で体内の免疫反応に異常が生じ、一世代前まではあり得ないような過剰反応を起こすようになりました。こうしたアレルギーは現代人にとってある意味では仕方のない症状です。花粉症はこうしたアレルギー症状の最もたるもので、春先の目のかゆみやあふれんばかりの鼻水に悩まされた方は多いでしょう。
しかし、そうした軽度のアレルギーではなく、より過剰な反応が起き体に重大な異常が発生する症状もあります。それが急性の症状だった場合には死に至ることもあります。たかがアレルギー、されどアレルギーということです。身近なアレルギーの症状で印象深いものというと、目が真っ赤に充血していまう結膜炎と皮膚に異常が発生する皮膚炎でしょう。皮膚炎や結膜炎は発症してしまうと痛烈なかゆみを伴う症状で、放置しておくと皮膚の濃化などに代わってしまう事もある症状です。なので、専門医による適切な処置のあと、破傷部位を安静に保つことが非常に重要なのです。実際、結膜炎の場合では、その結膜炎の症状が原因ではなくて目を強くこすってしまうことで眼球に傷がついてしまったりすることで別の症状に発展してしまうケースが多く、そちらの方が危険性が高いとも言われています。
アレルギー性の症状は慢性的な物から、アナフィラキシーショックと呼ばれるような急性の物まで多くの種類が存在しアレルゲンも実に多くの種類が偏在しています。こうした生活環境において私たちにとって重要なのはもしもの症状が起きたときに慌てずに病院へ頼るように心のどこかで意識しておくことなのかもしれません。