かわいい猫の画像

アレルギーはなにも人間だけではありません。実は近年、犬や猫などのペットの花粉症が急増しています。当サイトではペットの花粉症の原因と対策について詳しくご紹介いたします。かわいいペットのためにも是非ご覧ください。

ペットのための花粉症治療方法

近年では犬や猫のペットの花粉症が増加しているとされています。
原因となる花粉はスギやヒノキのほかブタクサによる花粉症が多く、場合によっては数ヶ月も症状が続いてしまうケースがあります。
症状は人のアレルギー反応とと同じで、目や鼻の症状に加えて外耳炎を起こしてしまい耳ダレが出てしまったり、皮膚症状が強く引き起こされて毛が抜けてしまったりするのが特徴となります。また、花粉以外のアレルギーによって引き起こされることも多いため、性格に診断するためには専門機関で検査することが必要となります。
犬の場合花粉症になると皮膚症状が現れることが多いとされています。人のように鼻の粘膜が反応するのではなく、皮膚が直接反応しているためです。治療法法としては、抗ヒスタミン剤が効きにくいとされているため薬での治療はステロイドが中心になります。また、散歩は早朝か夜間の花粉があまり飛んでいない時間帯に行い、つるつるした生地のウェアを着せて直接花粉に触れないようにし、帰ったあとは不織布などで優しく拭くと花粉を取り除くことができます。
猫の花粉症の場合は、鼻や目、皮膚に症状が出てきます。とくに目のあたりの内側が目が小さく見えるほど腫れてしまうことが多いとされています。治療には、アレルギー検査をした後、花粉症である場合抗ヒスタミン剤などを使って治療します。家で飼っている猫である場合、人間と同じように加湿機能付きの空気洗浄機で花粉を取り除くだけでも効果的だとされています。
人と同じでペットもアレルギー症状は辛いものだと思われます。ペット自身が治療やケアなどはできないため、飼い主である人がきちんとケアや治療を行なってあげることが大切です。