かわいい猫の画像

アレルギーはなにも人間だけではありません。実は近年、犬や猫などのペットの花粉症が急増しています。当サイトではペットの花粉症の原因と対策について詳しくご紹介いたします。かわいいペットのためにも是非ご覧ください。

抗アレルギー薬の動物を使ったテスト

抗アレルギー薬の安全性や有効性を調べるために、動物を使ったテストを行われることがあります。 動物でのテストは、動物によって実験をすることですが、人間が使って危険性はないかどうか、その危険性を生じる可能性の化学物質などを、人間の前に動物で用いて実験することになります。

抗アレルギー薬の作用と、抗ヒスタミン作用には、それぞれに違いがあります。大きな差用の違いとしては、タイミングと言えるでしょう。アレルゲン物質よりの影響を受けた細胞より、ヒスタミンといった伝達物質が放出されてしまうのを防ぐのが抗アレルギー薬の効果になります。ヒスタミン飲みとは限らずに、ほかのアレルゲン物質の放出を防ぐ効果も持っているということになります。

抗ヒスタミン作用は、細胞より放たれたヒスタミンが、受容体と結合してしまうのを防ぐためにあります。アレルゲン物質を無効化するというのが、抗ヒスタミンの持つ作用でもあります。ですから抗ヒスタミン剤との、上手な使い分けをするのが大事ということになります。ただ、医薬品のみに頼るのではなく、栄養という観点からも改善を図る緒は見えてきます。

アレルギー症状の悩みを持つ人は、多くの場合過剰なストレスにさらされています。ストレス過剰状態は、健康状態も適切とは言えません。それは表面上のみではなく、栄養的にも偏りが多くなっているケースがほとんどです。栄養素ではビタミンにミネラルが、圧倒的に不足をしています。野菜や果物も食べていないとしたら、栄養面の方よりによって免疫システムは低下して、やがては崩壊していきます。

ストレスは体内ビタミンを過剰に消費しますから、追いつかなくなてきます。そうした体内のシステムを誓いした上で、医薬品とともに栄養面にも関心を向けてみることが必要になってきます。