かわいい猫の画像

アレルギーはなにも人間だけではありません。実は近年、犬や猫などのペットの花粉症が急増しています。当サイトではペットの花粉症の原因と対策について詳しくご紹介いたします。かわいいペットのためにも是非ご覧ください。

アレルギーにアレルギー用薬で殺菌

アレルギーの症状が出ると蕁麻疹や皮膚炎が起きますが、アレルギー用の薬では殺菌することはできないので、皮膚の表面を殺菌する消毒薬や抗生剤などを服用する必要があります。食物アレルギーの場合は細菌は関係していないので抗ヒスタミン剤を服用するだけで症状を改善することができますが、アトピー性皮膚炎などが悪化した場合には表面を消毒すると原因となっている細菌を殺菌することができるので、症状を軽減することができます。細菌による免疫反応は皮膚や粘膜に炎症を引き起こしますが、アレルギー剤では効果がないので抗生物質を用いて適切に治療をする必要があります。風邪で鼻水やくしゃみの症状が出ている場合には抗ヒスタミン剤が投与される場合がありますが、抗生物質が処方されると耐性菌が増える結果になるので、世界的には風邪やアレルギーの症状には抗生物質を投与しないのが一般的になっています。スギ花粉症は風邪と同様の症状が出るのですが、細菌感染ではないので、抗ヒスタミン剤を服用するだけで症状が改善します。内服薬で効果が見られない場合には粘膜に直接噴霧をする鼻炎用スプレーや点鼻薬などを投与することで直接的に症状を抑えることができます。目の充血やかゆみに対しては抗ヒスタミン剤の目薬が有効で、花粉の時期には特に症状がなくても目薬を使うことで症状を軽減したり、予防することができます。アレルギー剤は安全性の高い薬で重篤な副作用もほとんどないとされていますが、人によっては眠気や注意力の欠如などの症状が出るので、車の運転をする場合や、集中力を必要とする作業をする場合には内服薬を服用せずに、粘膜に直接作用する塗り薬やスプレータイプの薬を噴霧するほうが安全です。